>  > 川越の美容院を利用するのは一般客だけではない

川越の美容院を利用するのは一般客だけではない

川越のみならず、何処の美容院も同じだとは思いますが、美容院に通うのは何も一般客だけではありません。夜の仕事をしている人も通うわけで、キャバクラに勤めている、風俗に勤めている女性も皆通うわけです。特に接客業に勤めている方からすると身だしなみは非常に重要で頻繁に通う人もいます。美容院に通う方はどんなペースで通っているのか集計を頼りに考察してみました。一般的に女性の場合だと、3ヶ月に1回は行くという方が全体の40%以上で2ヶ月に1回は25%弱、半年に一回が15%強とだいたいは3ヶ月に一回は通っているそうです。この回数から計算すると年に4回は行くことになります。季節ごとに通う回数になるので調度良いのかもしれませんね。また半年に1回の場合だと年に2回しか通わないのでほぼ髪型を変化させない、気にしていない方も意外と多いということが分かりました。また美容院にかける金額もかなり気にしている女性が多く、特に2ヶ月に1回や頻繁に行かれる方の場合は一回の美容院代もバカにならないので節約志向な方が非常に多いです。クーポンを使用して美容院を利用するのはもちろんこと、一回の代金も3000~4000円にとどめる方も多いようです。確かに美容院代が一回3000円として年に6回行かれるかたは美容院代だけで年間18,000円も掛かってしまうので非常に高価なものになります。美容院代を抑える動きは多くの利用客の念頭にはあるようでクーポンの使用は一般化しています。むしろクーポンを利用しないで美容院に行く方が珍しく、価格を気にしないで利用しているお客は果たしてどれだけいるのでしょうか。女性の美容院代は髪の長さでも前後します。長ければ高く、短ければ安くなりますのでその方によって料金が変動しますので男性からしたら気にする部分も多くなるので女性は大変なのです。川越の美容院は特に狭い範囲で密集しているエリアなので価格競争やサービスの提供に人一倍気を使っているはずです。必ずしも価格を安くすれば繁盛するという訳ではなくスタイリストの腕も間違いなく要求されます。一番良いのは美容師の腕も確かで価格が低ければ間違いなく繁盛するのですが、価格も技術も備わっている美容院はそうそうないのが現状です。美容師の腕が高ければそれだけ技術料が高かくなってしまうのは仕方がないですが、消費者目線では少しでもお得に利用できたらこの上ないですよね。

[ 2016-01-19 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談